読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻が怒っているワケで

結婚、出産、妻と私の300日戦争

妻のルーティンについて

妻は、休日も平日も起床してから、ルーティンが決まっている。

 

ルーティンなんて、カッコつけた言い方ではあるが、実際にそう。

子供が生まれてからは、特にルーティンを重要視する様になったと感じている。

 

 

怒涛の1日の記録。

 

5時半に起床してまず、必ずポットにお湯を入れる。

平日は朝食、弁当作り、風呂掃除の順番でそれを起床し1時間以内で終えること。

子供が起きたら授乳し、離乳食の準備、掃除機を10時までに終える。

10時に離乳食を食べさせ、 それが済めば化粧をし子供と外出する。

2〜3時間で帰宅し、授乳。

離乳食の準備をしながら、お昼の寝かし付け。

自分も少し仮眠する。ここでもう15時を回っている。

16時に離乳食を食べさせ、夕食の準備にかかる。

17時半ころひと段落つき子供の相手をしつつ、テレビドラマを観る。

18時半に私が帰宅し、子供お風呂の準備にかかる。

お風呂の隙に、夕食の準備を開始。

19時授乳開始。

20時に子供が寝てから、夕食開始。

21時に自分も入浴し22時前後に就寝。

 

以上の繰り返しである。

休日は私がいるため、起床時間は遅くなり、食事を作る必要はなくなる。

 

しかし、これが平日は毎日である。職場復帰するころにはどうなっているのやら。

 

 

ルーティンの偉大さを感じる。

 

人間は決まった動きをすることで、安心する生き物なんだろうか。

 

こうやってブログで仕事を整理してみたら、子育ては果てのない作業なんだと思う。