読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻が怒っているワケで

結婚、出産、妻と私の300日戦争

朝のイライラ

朝から妻は眠そうにし、そしてイライラしている。

酷いと話しかけにも応じないこともある。

 

それはDVである。

 

機嫌や体調が悪いにしろ、相手に精神的ダメージを加えてしまっているのだから。

 

もし、余裕がなく仕方なかったというのであれば後で、謝罪や説明をしてほしいものだ。

 

妻は、私に対して酷いことを言い過ぎた時、明らかに自分の理不尽が過ぎた時、

 

絶っっっっっっっ対にっ!!

 

謝らない。

 

自分の中では、言い過ぎたと思う時もあるらしく心の中では謝るらしい。

 

しかし、それでは何も伝わらず関係は悪化する一方である。

 

最近は妻を怒らさずに、生きていくことが最優先である。

 

妻が怒ると、とても面倒臭い。

 

どこの家庭でもそうだと思う。

 

とても面倒臭い。

 

終わりが無いからだ。

 

大抵、男は家は安らぐ場所と考えるので、家で妻が怒っているのは、とても面倒臭いのだ。

 

だが妻の立場からは、話せたり無視をしたりして八つ当たりする人間が夫しかいないのだ。

 

妻の場合、友達がいないため愚痴る相手や怒りをそのままぶつける人間は私しか存在しない。

 

男としては、不愉快極まりないのだが、結婚生活というものには、そういうオプションも付いている。

 

ただ耐え忍ぶしか方法はない。

 

もし離婚調停になった所で、負けるに決まっているのだ。

 

辛いこと嫌なことの方が、断然多いのが人生。

 

まさか結婚生活がここまで過酷だとは考えもしなかった私がいる。

 

もっとイチャイチャできるものかと思ってさえいた私なのだが、今や妻を抱く気力さえなくしてしまった。

 

毎日、笑顔でいたり怒っている妻の機嫌を伺い、機嫌をとることで精一杯である。

いかに自分がキレず精神を安定させるかに精神を集中する。

 

当然そんなことをしていると、性欲減退するのは当然である。

 

ごめんね。二人目はもう良いです。

 

元気で優しい妻と一緒にいたいだけなのです。