妻が怒っているワケで

結婚、出産、妻と私の300日戦争

いつまでも男で居るんじゃない

私は妻の身体が目的で結婚した。

 

はっきりと言い切れる。

 

後ろめたいものなど無い。

世間体とか適齢期とか、将来の老後とかそんなものは二の次と思っている。

 

ただ妻が欲しい。それだけ。

いつでもSEX出来る、それは素晴らしい事。

 

この私の考えについて、女性からは様々な意見があると思う。

 

ただ性奴隷と言う言葉があるが、ウチの場合は絶対にそれは無いと言い切れる。

 

だって子供が生まれてからはセックスレスだからwww

妻に無理やり求める事などはしない、それはルール。

 

妻の現状

彼女 ⇨ 妻 ⇨ 母親

結婚後、人間的に成長を遂げている女性に性欲がなくなるのはごく自然な生理現象である。

そんな妻に対しては、絶対に求めてはいけない。

 

夫の現状

男 ⇨ 男の子 ⇨ サル

対して男は結婚後、人間的退化を遂げる。

結婚している周りの男をよく見たら分かると思うが、仕事を頑張り給料を貰い生活をする。見た目立派な事をやっていても、突き詰めると結局は自分の妻とやりたいだけである。

 

いつまでも男では困る

だからと言ってサルに退化して欲しいわけではない。

妻はパートナーに父親になって欲しいものだ。父親に進化して欲しいのだ。

それを男は分かっていない。

ただ妻とやりたいだけ、なんて言う輩が出てくるくらいだから。

 

だからこそ、妻にも女を求めてはいけない。決して…

 

では他所でSEXをしたい希望は多いにある。

それは裏切りかどうかはわからない。

本当は妻としたい。でも、しない妻。

 

では男も我慢しろとは言えないし、言って欲しく無い。

ここは正当な納得出来る意見を誰かに聞かせて欲しい。

 

 

ただ、時間も金も無い。器量も無い。浮気も出来ない。情け無い。yo check it out!!

突っかかるより無視の方が良い

妻の生理前のイライラ

 

朝から一目で分かるようになり、「あ、今日はダメだ」

 

そんな時、激しく八つ当たりしてくるのか、無視を決め込み静かな八つ当たりをしてくるのかで随分と違ってくる。

 

どちらのタイプか見極める

そもそも、私は放っておいて欲しいタイプの人間だ。

夫にイライラし、キャンキャンと大声あげて分かりやすい八つ当たりの仕方もあるだろう。

それは私には拷問である。

 

そして妻はというと、機嫌が悪くなると黙り込むタイプ。その苛立ちが見て取れるほどである。一触即発状態が暫くは続く。

 

こっちから仕掛けなければ、安全

 

実はこれは私にとって好都合だという事に最近気が付いてしまったのだ。

確かにイライラしている妻が家に居ては、居心地は悪くなるし、こちらまで腹が立ち喧嘩に発展するリスクがある。

が、しかし

話しかけて来ない

 

つまりそれは私のハッピータイムやないかーい!!

つい最近までは、この地獄の期間が憂鬱で仕方なかったが、今はプラスに転換することに成功したのだ。

 

放っておく時の大きなリスク

放っておいて欲しい人の難しい所は本当は構ってちゃんと言うところ。

 

ただ単純に構えばいいものではなく、「時間」これが何より重要。

ある程度時間を置いて構いに行くと言う姿勢が求められる。

 

実はこの記事書いてるだけで「めんどくせぇ!!!」って思います。

 

完全にこっちからは何もしなければ良いのだが、ただ単に放って置くのはNG。

後日、更に機嫌が悪くなる。

そう放って置いてほしいと言うのは建前で、「私の機嫌をとりつつ、無視する私はその姿を見るわ!」と言うことである。

 

絶対に機嫌は治らないと決まっているのに…

 

まさに地獄。

 

鬼の所業。

 

無駄な時間…

 

無駄な時間経過

私は世の中で、女性の機嫌をとっている時間が一番無駄だと思っている。

もちろん男が100%悪いことをしたなら誠意を持って謝罪する必要があるが、女から勝手に虫の居所を悪くし、それを八つ当たりか無視する時間は本当に勘弁してもらいたいものだ。

 

まだマスかいてた方がよっぽど有意義で気持ちいい。

 

無視をするなら、放っておいて欲しい私にとってはハッピータイムなわけだが、その代わり自分自身の虫の居所は自分で処理してもらいたいものだ。

夫に頼らない生活を選んだのであればの話…

 

ネタを求めて地獄へ

夫婦ネタは共感出来る事も多く、みてもらう人にとって少しの共有と傷の舐め合いが出来ればそれでいい。

 

だが記事も100を越えて、そろそろネタに困ってきた事は否定出来ない。

 

そんな時、妻のイライラに乗じて争いに発展させてみたらネタが出てくるのではないかと考えた。

 

私は妻のイライラや癇癪にはとうに免疫がついているため、どれだけ妻が喧嘩を吹っかけて来ても、フロイトメイウェザーJr.のディフェンス並にかわす事が出来るが、そこはネタの為、軽く打ち返してみる。

 

まあ出る出る!

酷い言葉の数々。

 

もっとちょうだい!

 

少し小出しするが、私は父親ではないらしい。生物学的には父親ですが…

 

詳しくは今後のブログに書いていこうとおもう。

自分の時間が持てない妻

出産して2年経つ妻。

 

もうそろそろ、気分的にも落ち着いて夫婦仲良くやれるだろうと思ったら大間違い

ここからが真のイライラの始まりである。

 

最近、生理前でもないのになーんか悪態ついてくるなぁと思っていた。

いつも通り「大丈夫」の一点張りの妻。

 

とにかく私に静かな八つ当たりが続く。逐一、勘に触る言い方をわざわざしてくるようになる。これが結構厄介。こちらの疲労と我慢強さが左右する。

要するに喧嘩を吹っかけて、こちらに火がつくのを伺っている。こちらが言い返したらこっちの負け。

それで喧嘩に発展し、妻は更なる怒りをこっちにぶつけてくる。そうやってストレスを溜めているのか発散しているのか、分からない状態が続く。

 

妻の主張

何だかんだしながら、妻の本音を聞くことに成功。(中略)

「自分だけの時間がない!!」

布団に寝っ転びながら妻は怒りをぶち撒けた…

 

ん?  寝てんじゃん!!

この時の私は子供を寝かしつけながら、後に皿洗いをしていた。

つまりは、私が帰宅するまでの時間の事を指している。

子供の面倒見っぱなしじゃん…という主張。

私はコイツちょっとヤベーなと心の声。

 

私の返答

「そうだね。子供の事は、君が中心で頑張ってるもんね。」

「俺、何もしてないよね、ごめんね。」

 

まあそう言って収まるのを待つしかない。

 

その結果

休日は別行動を基本とした。

なるべくは妻と同じ空間にいない様心掛ける。

 

家で妻が1人になれる様、子供を連れて外へ行く事になった。

本当は妻の方が外へ何処へでも行ってもらいたいがね…

 

その結果、妻との衝突は少なくなる。

案外、会う時間の少ない夫婦の方が互いを思いやる事ができるものなのかもしれない。

 

結局、朝は毎回喧嘩を吹っかけてくるがね。

仕事から帰宅してからの妻との会話

「お帰り」

「ただいま」

子供と遊びながら10分経過

「ご飯できたよ、後は自分でね」

「…」

何も言えず

食事終了

「子供、歯磨かせた?」

「うん」

 

子供と風呂に入って、寝かしつけを私が終え、妻が風呂から上がって…

「こっち来れば?」

ソファの方に誘う

「…(無視)」

妻はスマホにイヤホンを装着し、耳へ

もう一度

「こっちおいで」

「あー今は無理」

私は黙って、外へ出かけた…

帰って来ると妻は寝ていた。

以上。

 

 

実話である。

 

これ振り返って文字に起こしてみるとヤバイ。

マジで末期。

 

 

どうしよう

 

もうわからない

妻は完全に私をシャットアウトしている。

 

 

 

 

夫婦の試練、いや…夫のための試練か

妻が一言も会話してこない…

 

あるとすれば、子供に関する確認程度。

それじゃ、ただの業務連絡…

 

他愛の無い会話、どうでも良い冗談。

皆無…

 

つまりは何処の夫婦でもなる「普通」の事が起きている。

私はそれが心底嫌で、あの手この手で妻に振り向いて貰おうと(ヤラシイ意味じゃなく)尽力したつもりだった。

 

 

が、しかし先日衝撃の宣言

 

「私は怒ってもいないし、イライラもしていない」

怒ってイライラしてない人間はわざわざ言わない。

 

「じゃあどうしてピリピリしてるの?」

この質問は本来してはいけない。かなり勇気を出した。

 

妻はこう一言

「耐えて」… 

あー今まで色々と考えて来たことは無駄だったのね…と分かりやすい妻の説明。

しかし、逆にこの一言でスッキリとしたのも確か。

「何もせず時間が過ぎるのを待てばいいのね。」

私も干渉されるのはあまり好きではないため好都合には違いない。

 

 

その後も、ただひたすらに静かな八つ当たりがある毎日。(もはやDV認定の域である)

私が口を開くたび、腹の立つ言い返しをする妻。私はただ耐えるのみ。

 

私が「今日は〜だね」と、妻の事を拾い上げたどうでもいい会話では、

 

「はいはい!(怒)どうもすみませんね!!」と異常な返答。

私に構われるのが心底嫌なのが伝わる。

本人も辛いだろうな。

理解してあげないと…

 

とうとう私の力ではどうにもならない状態になった。

 

若年性更年期障害を疑う

まさか、これじゃないかと心配のなりすぐさまネット検索。

一般的な症状については ゆたか倶楽部さんのサイトを引用させていただきます。https://www.d-.co.jp/blog/health_and_beauty/health_info201703/

 

今のところ、イライラだけで身体面での異常は感じられない。

発汗異常とか子宮系の症状とか出てくるみたいでそんな感じもないし。

 

夫に出来る事

耐えてと言われても、何もしないわけにはいかない。妻をイラつかせない最善の行動をとらなければいけない。

 

まず子供の事は、自分がやる!

家では常に動き続ける、何かやる事がないか探し続けることが大事。

 

まじで疲れる…

もう嫌…

 

あとは時間が過ぎるのを待つのみである。

妻が夫に絶対にしてはいけない事

どんなに理不尽な事でも許されるのが妻から夫への仕打ち

それは夫婦だからこそ、見えない信頼関係のもと成り立つ

 

でもそこは元々は他人。親しき仲にも礼儀ありは存在する。

絶対にやってはいけない言動は、全国共通理解だと確信している私。

 

妻が夫にやっても大丈夫な事

殴る

一見DVを匂わすが、これは力関係がモノを言う。

妻がプロレスラーなど分かりやすく強い場合にはDVの危険はあるが、普通の力関係上ではほぼ男の方が強いのだから、多少手が出ても、笑い話にしかならない。

まあそこの家庭による…

 

無視をする

これもオッケー。機嫌の悪い時はとことん無視をしてもオッケー。ただし限度を過ぎると精神的DVに発展する可能性があるため注意を要する。

機嫌の悪い時限定にしておいた方がいい。

 

夫をアゴで使う

全く問題ない。その方が万事上手くいく。

今時亭主関白なんて、相当稼ぎがないとやってはいけない時代。

 

 

妻が夫にやったら一発アウトな事

仕事をバカにする

給料が安いなどと言う話ではない。仕事の中身の話。仕事=誰かの役に立っているもの と解釈していれば正社員で毎日真面目に働いている人を決してバカにしてはいけない。

でも、いつまでもバイトや非正規でダラダラ働いている夫はブッ飛ばしてあげて!

仕事の内容を批判するということは、相手の人生を批判するのに相当する。

 

他人と比べる

当の私もこれをされて、前の妻に一発レッドを申し渡し、バツイチがついた人間。

年収が〜。家柄が〜。顔が〜。

選んだの自分!

せいぜい年収400万時代に、将来の悲観や、他人との比較をされたらたまったもんじゃない。

自分の金持った友達と比べたらダメ。あなたの目の前にいるのは、あなたに合った人。

金が欲しいなら、自分が働いて下さい。風俗でも行って下さい。

将来の不安がない人間はいない。

 

これだけは守る

どんなに優しい夫も、たった一つのプライドがある。

人それぞれだが、仕事や自分自身の生き方を曲げられるのは、殆ど男は嫌う。

極論、後は何でもいいと言って過言ではない。

夫のそれは何かを見つけられる妻は最高の妻である。

そこさえ守れば、絶対に離婚はしない。

経験者が言うのだから間違いない。