妻が怒っているワケで

結婚、出産、妻と私の300日戦争

家庭に笑顔はいらない

妻の本心に迫る。

 

家庭に笑いは求めてはいけない。

 

私が目指して努力してたものが音を立てて崩れ去る。全くの無意味だった。

 

私は、外ではどちらかというと笑わないし少し怖い印象さえある。家では良く喋り、よく冗談も言う。

 

しかし、そこに大きな地雷が埋まっていることを妻に教えられた。

 

多くの女性は、冗談なんか大嫌いだ。ムカッ腹が立ってくる。

そのくっだらない冗談の中の一言が、いつも喧嘩の原因だった。

 

全ては私が悪かったのだ。

 

妻は外で良く笑い。

家では常にイライラと闘っていたのだ。

私に。

 

なんと私が家庭に求めていたものは、妻は必要としていなかったのだ。

 

妻はただ毎日を必死に生きている。

妻は素晴らしい。

 

夫婦仲良く、笑いに溢れたなんてあり得ない。

 

くだらない夢は、儚く消えた。

 

「家庭に笑いはいらない」

その通りかもしれない。これが現実だろう。

 

偶然の笑い程度でよい。

 

妻を見習って、毎日を必死に生きるのだ。

 

女は現実主義。今日、明日を目指す。

男は理想主義。3年5年10年先の理想を目指す。

 

根本的に違うのだ。

喧嘩しない夫婦なんて存在しないのだ。

 

しばらく妻には好きな様にしてもらい。

なるべく空気の様になるしかないのだ。

妻が怒るワケについて話してくれた

とうとう私も堪忍袋の尾が切れて、どうしてそんなにスグに怒るのかとうとう話し合いとなった。

 

例えば、夫婦でもお互いに腹の立つことがあり、それは平等。双方が我慢をしている。

 

今日の妻の一言ですごくスッキリとした。

 

女はいつまでも昔の言われたことをずっと覚えている。

 

男は嫌なことは忘れる。そしてまた同じ事を繰り返す。

 

だから男は馬鹿なのか?

 

至極スッキリと入ってきた。

 

妻曰く「特に私は、溜め込みやすい性格。それを知ってるのだから、余計な一言は絶対に言ってはいけない。今までも全部あなたの一言で怒って来た。何も言わなければ済んだことばかりだ」

まさにその通りだった。

逆に私は妻に傷付くことを言われても、全部は覚えていない。

だからまた同じ事をしてしまう。

 

しかし、腹が立つのが妻は自分が傷付けた一言については覚えていないと言う勝手なものだった。

 

人間関係なんてものは、儚く脆い。

 

本心でなくてもたった一言で、崩れ去る。

 

それは夫婦であっても同じ。固い絆なんてものは存在すらしないのだと。

 

今日は、良く教えられた。

結婚後初の晩御飯抜き

女性は感情で生きる。男性は理性で生きる。

 

喧嘩の時もそう、妻は自分の中で解決したいから、問題がグレーのまま進行し長い時で1週間は不機嫌が続く。

 

対して、理性派の私はとっとと解決して、次の楽しい事をやっていきたい。

悩んでる時間と女のヒステリーの時間が人生において何より無駄と考えている私は、白黒つけることを望む。

 

男と女の根本的な違いなので、手の施しようは無い。

 

妻は一度機嫌を損ねると、コミニュケーション機能や生活活動をシャットダウンするため、その場でボーッとした状態になり、動かなくなる。

 

最近は、その行動が鬱病患者の症状そのものであると疑うほどである。

 

鬱病患者も、自分の意図しない事態が起きることを極度に嫌がる傾向にあり、いつもしている活動が停止することは少なくない。

 

突然、やる気が無くなるらしい。

 

喧嘩という程でもないが、将来のことで話し合いの場を設けた時のこと。

 

そもそもグレーで進行したいのだから、将来の話や今の悩みなんか話したいはずは無い。

 

ただのストレスとなる。

 

男は黙って、見守り、受け止め、たまに受け流す。そうやって家族を守るものだと学んだ。

 

決して求めてはいけない。

 

妻にストレスを与えた後は、食欲まで奪ってしまい、大変申し訳ないことをした。

 

もう作る気が無くなってしまった。

 

しかし、晩御飯抜きは体にはそれほど悪くは無い。

晩御飯はむしろ食べすぎてしまうため、逆に不健康だ。

 

たまには妻の体調に合わせて晩御飯抜きもやってみようと思う。

あの時の彼女は何処へpart2

仕事と育児の両立。一体なんのため?

 

家計の為? 自分の夢の為?

 

妻は毎日、イライラしまくり。態度悪く。常に一触即発。 その原因は、この私。

 

私が妻の思った通りの行動が出来ていないからだ。

 

先日、娘が熱を出した時、私が仕事を午前中休めることを伝えたところ、妻としては「なぜ、1日休まないんだっ!?、私が仕事を休むことになった」と怒らせてしまった。

 

私はそんな悪気はなく、ただお互いで情報できるところはないかと、提案したつもりだったが妻の逆鱗に触れることになってしまった。

 

妻の言って欲しいことやって欲しいこと、かゆいところに手が届かないととうとう怒りだしてしまう。

 

自分の夫に対し、ずっとそんな態度で生きていかなくていけないと思うと不憫でならない。

 

目先の安定だけのために、する仕事なんてどんどんと幸せから遠のいていく。

 

どんどんと笑顔がなくなる。

 

妻の笑った顔が見たい。

 

また以前のようにお互いを思いやって理解し合って. 同じ方向に進んでいきたい。

 

今、私は幸せではない。

 

子供ができ、家を持ち、何不自由のない普通の生活である。

 

でも妻は笑っていない。

 

これは私が求めていた夢ではない。

 

妻が悪いのではない、がんばりすぎているだけだ。

 

妻は仕事が嫌いではない、やっていきたいと思っている。決して無理をして仕事をしているわけではない。

 

その思いは尊重したいと考えている。

 

しかし、イライラしている。

 

彼女にとっての幸せってなんだろう? 

 

今は、私からするどんな話し合いや提案にも耳を貸してくれない。

 

しばらくは見守るしかないだろう。

 

何があっても妻を愛している。

 

 

感謝されない辛さ

先日、子供が初めて熱を出した。

 

妻も仕事があるので、私は協力しなければと思い自分の仕事を休む事にした。

 

休みを取ったことを妻に伝えると、妻はこう一言。

 

「別に、いい」

たった一言、これだけである。

 

マジで泣けてくる。

 

全然、期待していた言葉と違う…

 

普通は「助かった」とか「ありがとう」

ではないのか!?

 

妻は普段から感謝の言葉を口にはしない。

 

以前、なんで「ありがとう」や「ごめんなさい」の謝罪の言葉お礼の言葉を言わないのか、聞いてみたことがある。

 

すると妻はこういった。

 

「言ったら下になるから」「言ったら価値が下がるから(言葉の)」

 

全く意味がわからない。

 

どんだけプライド高いねん!? 自分のプライドを守るために夫を傷つけてもいいんかい!?

 

究極の内弁慶である。

 

世の女性よ。素直が1番である。

家でプライドなんかいらない。

 

男だって女だってちょっと一言、ありがとう、いつもごめんね、など思いやりの言葉。

 

すごく大事。

 

あの時の彼女は何処へ

子供が生まれてから、すぐに離婚する夫婦も多い。理由は大体同じ。

 

女性は結婚と出産で大きく変わる。

 

もちろん良い意味で。

結婚し、妻となり、母となる。

 

常に成長遂げているのだ。

 

それに対し、男はピーターパン症候群真っ只中である。

 

いつまでも変わらない夫に、妻はイライラとしてくる。

 

我が家でも同じことが起きる。

 

私が家にいるだけで、何か行動するだけで、妻の怒りを買ってしまう。

 

妻の 意に反するまたは妻の思ったタイミングで行動してしまうと、終わりである。

 

その日はもう絶対に口をきいてくれないし、私に笑顔を見せることもない。

 

もはやDVの域である。

そうしているうちに夫側もだんだんと冷めてきて、浮気などに走ってしまうそういうパターンが多い。

 

ちょうど私も最近は浮気したくて仕方がない。

 

ただただ妻と仲良くしたい、イチャイチャしたい。それだけである。

 

しかし最近は、皿洗いしている私にため息をつくほどの状態である。

 

こんな妻とどうやってまた愛し合うのか皆目見当もつかない。

 

もう何をきっかけで触ったりしたらいいのか全然わからないし、その気も起きない。

 

イライラの原因は私にあるのだろうが、毎日空気のような存在となり、妻の逆鱗に触れないように過ごすのがやっとである。

 

これ以上どうしろと言うのだ。

 

一体、私は何のために誰のために存在するのだ? 

 

ただの愚痴か。格好悪い。

 

求めてはいけない、結婚してもらっただけでありがたいので。

 

どんな仕打ちでも耐える。

急に襲うイライラ感

子供を風呂に入れて、出て行くと、リビングには不機嫌そうに妻がいた。

 

風呂場から子供を妻にパスした時は、普通だったし笑ったりもしていた。

 

何を話し掛けても、理不尽に無視をされるだけだ。

 

ちゃんと皿洗いもした。

 

いつもの時間に子供を風呂に入れた。

 

掃除もした。

 

授乳中は静かにしてた。

 

一体何が!?

 

女性は(いや、妻は特に)こういう事はしょっちゅうである。

 

突然、襲われるイライラ。

 

多くの原因は、女性特有に起きるPMSというものが大半である。

 

女性の80%は、PMSになるというのだから、男は慣れて、パートナーに合わせた対応をするしかない。

 

ウチの場合は、とにかく八つ当たりを受けて、時に受け流し、イライラを治めるしか方法がない。

 

 

つい先月産後から初めて生理が始まった妻にとって、また毎月の山が来たようだ。

 

どなたかウチの妻に対して又は私が潰れない良い方法のアドバイスをいただければ幸いです。

 

女性ホルモンのバランスは崩れ自分でもコントロールが効かないと、上機嫌な妻に直接聞いた事がある。

 

確かにそうだろう。

また女性の身体に戻ろうとしている中で子育てをして方々にイライラする要因が待っているのだから。

 

妻も無意味にイライラしているのでは無く。ちゃんと理由があるのだ。

 

それは、私言動である。

 

常に最大の注意をしていなければ、妻の求める行動がとれずに更にイライラさせてしまう。

 

 

しかし、最近の妻は少し変わって来た。

以前ならば何を聞いても「別に」モンスター化していたが(何を聞いても別にしか言わない状態)、某有名女優の沢○エ○カのモノマネがブームの妻だった。

 

それが、「別に」の後で、「またいつものやつ(生理前の八つ当たりだ!)」と一言教えてくれる様になった。

以前より、接し方がわかる様になって来たのだ。

 

もし妻が、某女優のモノマネをしていたら、そっと見守るしかないのだ。

 

何にせよ、必ずや私の言動が関係していりのだから、心から反省し、さっさと寝る事にした。

 

この時、夜20:30である。

年寄りより、早寝早起きが可能である。